ほぼ 日 の 学校。 ほぼ日の学校・太宰府修学旅行のお誘い0115

株式会社ほぼ日|企業情報|社長あいさつ

ほぼ日全体の引越しは11月16日の予定なので、私だけがフライング気味に、ひと足先に移ってきました。 さらにオリジナルも追加購入。 神田をもっとそういう街にしたいんです。 130年以上もの間、 民間企業が歌舞伎という伝統を守り、 かつそれを商売として 成り立たせているということが、 どれだけすごいことなのか。 2020年11月5日にあたらしく生まれ変わったセカンドモデルを 株主の皆さまにお届けします。

>

ほぼ日の学校長だより

ずっとシェイクスピアに取り組んできた 演出家・木村龍之介さんの、 知らない人こそたのしめる絶好の入門ガイドです。 文化の中心にいるおもしろさもありますし、 そこにいる自信みたいなものが、 もしかしたら自分たちの考えるべき水準を 上げてくれるかもしれないって。 さらに続きがあって、橋本さんが 本当にひっくり返したかったものは何か? というと、 世の中のスタンダードというか、定型というか、 ある種の完成されたパターンに安住している われわれの惰性というか、 懐疑心のない、ものの考え方。 百人一首を英訳した アイルランド出身の詩人・ピーター・マクミランさんが、 英語にすることで一層くっきりとその姿を現す 和歌の世界の奥深さについて、流麗な日本語で語ります。 実際そうだったのかもしれません。 「直接カバーに貼るのではなく、 ほぼ日手帳のカバーの 見開きサイズに切った 透明なフィルムに 両面テープで仮止めし、 ほぼ日のカバー・オン・カバーと 本体の間に挟んで使っています。

>

ほぼ日の学校長だより

そのとき、その感じが どこかの街に似てるぞって思ったんです。 ) そして、もしよろしければ、無料公開終了後も ひきつづき、ご受講いただけるとうれしいです。 学校という事業をやることで、 コンテンツをつくり出すこと、 コンテンツを仕入れることが、 もっとやりやすくなると思っていました。 もちろん、ここにご紹介した以外の授業も 自信をもってオススメしたいものばかりです。 ロゴもイメージカラーも一新します。 さっき言った「編み物の本」は 橋本さんの『窯変 源氏物語』に置き換えてもいい。

>

ほぼ日の学校オンライン・クラスを4月いっぱい無料公開。|株式会社ほぼ日のプレスリリース

人はなぜ「うたふ」のか? 日本人の感情の原点へと遡る上野節の世界へようこそ。 最初は骨董通りにあるビルで、 次が「ブルックスブラザーズ青山」のビル。 見かけは、いかにも飄々と、楽しげに 軽々とやってみせている。 < こんな楽しみ方が、ある。 青山でお店をやっていくには、 いっぱいものを売るか、 単価の高いものを売らないと、 家賃を払っていくのは難しくなります。 すごい人だと思いました。 さらに言うと、橋本さんが 「作家とは何をする人間か」と考えていたかも 少しずつ見えてくるかもしれません。

>

株式会社ほぼ日|企業情報|社長あいさつ

そのつもりで計画していたことは、着々と進んでいます。 ほぼ日が創造する「場」は、 「TOBICHI とびち 」や「生活のたのしみ展」、 「ほぼ日の学校」など、ウェブからリアルへと広がっています。 私も、その一人です。 神奈川県の私立高校で 英語を教えている先生から 使い方が届きました。 それは別に批判でもなんでもなくて、 街の雰囲気や構造というのは、 そうやって少しずつ 変化していくものなんだと思います。

>

株式会社ほぼ日|事業内容

ヘンなもの、 不思議なものをつくって、城壁の外に置いてみる。 歌のこころとは何か? 詠う覚悟とはどのようなものなのか? ぜひ、じっくり聞いていただきたいです。 「いま、古典の素養が足りないような気がする」。 昨年、万葉集の専門家・に案内していただく 飛鳥と平安京の旅があまりに楽しかったので、 こんどは万葉集に収められた「梅花の宴」のふるさと 福岡県の太宰府に出かけます。 この他、シェイクスピア、歌舞伎、万葉集講座の ほとんどの授業と、これまでの 「ほぼ日の学校スペシャル」をご覧いただけます。

>