ネッツ 対 シクサーズ。 【NBA】シクサーズ新HC就任 ドックの古豪〝再生オペ〟に期待

ジャレッド・ダドリー、シクサーズの敗戦は「ケミストリーの問題」

1940年代 プレイオフ進出:1回 ファイナル進出:1回• 状況が好転し始めるのは、監督にを迎えた以降だった。 :1969-1976 C 1970年代 プレイオフ進出:8回 ファイナル進出:3回 優勝:2回• 524 1回戦敗退 3, ネッツ 2 1993-94 45 37. 対 2011• 優勝にもっとも近いと思われていたでしたが、誰も予想しなかった大激戦のシリーズ展開に。 そんなネッツに対してシクサーズもあまり良くありません。 530 1回戦勝利 カンファレンス準決勝敗退 シクサーズ 4, 2 4, シクサーズ 3 34 48. 相手チームをリスペクトしているんだけど、この2チームは現時点ですばらしいチームだと思う」と語っていた。 平均出場時間(7. 初戦は延長の末勝ったが続く4試合を落とし、優勝を逃した。 翌には49勝33敗、続くも開幕10連勝と快進撃は止まらなかった。 。

>

【NBA】シクサーズ新HC就任 ドックの古豪〝再生オペ〟に期待

:1963-1973 C 50• 569 ディビジョン準決勝敗退 2, ナショナルズ 1 1958-59 35 37. NBA史上3位タイの身長229cmを誇り、1996-97シーズンにはブロック王(3. :2010-2014• : 2019-• このシリーズは第8シードが第1シードを打ち破る初めてのケースとなり、同じケースは2015年までに5回起きています。 アイバーソンは新人王を受賞する活躍を見せたがチーム成績はリーグの下位をさ迷った。 シューターを増やした結果、激しいインサイドの争いに加えてプレーメイクも増えているような。 スタウスカスは198センチ92キロのシューティングガードで、アウトサイドシュートを得意とする選手。 1972-73シーズンには9勝73敗にまで落ち込んだが、これは2011-12シーズンのに更新されるまでNBA史上最低勝率の記録であった。

>

シクサーズとネッツのトレードが成立、オカフォーらがネッツへ移籍(バスケットボールキング)

ナゲッツとセルティックスを除く6チームにシーズン戦績で勝ち越しているものの、この8試合はホームで戦うわけではないため、どれだけ早くリズムをつかめるかがカギになりそう。 573 1回戦勝利 カンファレンス準決勝敗退 シクサーズ 2, 0 4, シクサーズ 3 1979-80 59 23. この年のドラフト全体1位でを指名、翌年にはを獲得した。 :2002-2003• しかし、キッドは優れたリーダーシップを発揮しチームに染み付いた「負け犬根性」を取り払い開幕から勝利を重ねネッツは東地区屈指の強豪に急成長。 , , , ちょっと4Qは何とも言えませんでした。 :1948-1964 C 50• プレーオフ1回戦では、に勝利。 655 ABA準決勝勝利 ABAファイナル優勝 ネッツ 4, 3 ネッツ 4, 2 ニューヨーク・ネッツ 通算成績に含む 1976-77 22 60. が1950年代にロサンゼルスへ去って以来久々のブルックリンを拠点とするメジャー球団の誕生であった。

>

負けても収穫がある試合と、ただの負け試合

その後、ブランドが故障で離脱、チームはプレーオフ圏外になるかと思われた。 ネッツではディアンジェロ・ラッセルとキャリス・ルバートがそれぞれ26得点、ジャレット・アレンとスペンサー・ディンウィディーがそれぞれ15得点、ロンデイ・ホリス・ジェファーソンが14得点を挙げるも勝利ならず。 背が高いからバスケットボールの道に進んだだけだった。 561 1回戦敗退 2, シクサーズ 1 1976-77 50 32. 512 ディビジョン準決勝敗退 4, シクサーズ 1 1970-71 47 35. : 2015-2018• 4年目の今季はベテランのJ. 3年間このリーグでプレイしたのちのに状態のNBLから離脱し、その年からと名前を変えた BAA Basketball Association of America に参加した。 :1996-2004• チェンバレン時代の優勝 [ ] ウィルト・チェンバレン• :1989-1992• :1973-1975• キッド退団後 [ ] 08-09シーズン前にジェファーソンが、09-10シーズン前にカーターを放出し、ビッグ3構想は完全に解体された。 ネッツのシーズン成績は数年にわたり勝率5割に届かず、たまにプレイオフに進出できたシーズンもそこで勝ち星を上げられなかった。 プレイオフに臨む折り、マローンは「フォー、フォー、フォー 4, 4, 4 」という有名なコメントを残した。

>

日本時間7月31日から再開するNBAの今季第二幕のスケジュールが発表/イースト編

:1995-1998• マイアミ・ヒート対ニューオリンズ・ペリカンズは108対95で ヒート勝利! 4分に満たない時間ではあったが、グレッグ・オデンが3年10ヶ月ぶりにコートに立ち、リバウンドを取り、得点をした。 バークレーを失ったのシクサーズは低迷期に入り7年間プレイオフに出場していない。 1 33勝17敗 が引退、そしての影響で短縮となったこのシーズン。 殆どのケースでシモンズを外しているネッツの選択です。 シクサーズはジミー・バトラーが36得点、エンビードが22得点を記録するも、ネッツのバックコート3人に77得点を許してしまった。 試合前のウォームアップで、シクサーズはオールスターセンターのジョエル・エンビードが左膝の痛みにより急遽欠場が発表。

>

シクサーズとネッツのトレードが成立、オカフォーらがネッツへ移籍(バスケットボールキング)

必要なのはラッセル&ディンウィディーの勝負強さ。 :1984-1992 50• : 2013-2015• 前回対戦時はホームで117点スコアしたが、それよりは得点が下がるだろう。 通算832試合で平均8. 一方で2015年に入ってからも未だにホームゲームで勝利を挙げていなかったが、1月5日の戦でようやく14-15シーズンのホームゲーム初勝利を挙げた。 勝てない中でラッセルを残す選択をしました。 2004-05シーズン途中でがトレードでチームに加わり、もう一人のチームの核となった。 迎えた12月3日の戦でようやくシーズン初勝利をあげ、リーグワーストタイ記録だけは免れた。

>

シクサーズの“ストレッチ4”マイク・スコットが東地区で警戒するバックスとネッツ

シクサーズ的ではなく、ロケッツ的な強さを目指そう!. ネッツはカイリー離脱中に結束して調子を上げていたりもしていた。 ブラウンヘッドコーチは、スパーズ時代、ヘッドコーチの下、選手育成コーチ時代に、その後スパーズのビッグ・スリーを担うこととなる2001年入団の、2002年入団のらの育成にも貢献しており、ここでも新人育成の手腕を発揮し、ドラフト11位指名からを新人王へと導いている。 ジミー・バトラーはボールが欲しかっただろう。 続く1966-67シーズン、がシクサーズの監督に就いた。 :1988-1993• :1995-1998、2001-2004• 756 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝敗退 シクサーズ 2, 0 シクサーズ 4, 3 4, シクサーズ 3 1981-82 58 24. は頼みのノウィツキーも抑えられ、シリーズを通してウォリアーズの勢いにチームが飲み込まれてしまったシリーズでした。

>