ブレスト アイロニング。 [B!] 【残酷な奇習】女子割礼だけではない! 少女の胸にアイロンがけする「ブレストアイロニング」の実態! (2014年11月24日)

【海外発!Breaking News】熱した石やハンマーで胸のふくらみを潰す儀式。多くの少女が犠牲に。

この患者の娘の場合、この焼けた石で彼女の片胸は完全に破壊されてしまいました。 大丈夫、意味がわからないのは僕だって同じだ。 おなかがすいたので入った食堂の座敷でもアイロニング。 しかし実際にここまでやってみて、なんとなくこの競技の魅力に気付きつつある自分をみつけた。 さらにいくつか試してみよう。

>

カメルーンのある村では少女の胸を焼く習慣がある

参加者は、、、、ドイツ、イギリスなど世界各国から集り、10ヶ国の参加者の全8チームが競技を行った。 そのため乳ガンなどの発生率が高くなるといわれ、病気の原因になるとのこと。 ニュージーランドでドイツ人旅行者達と出会い、その出会いがエクストリーム・アイロニング事務局(Extreme Ironing Bureau, EIB)と、エクストリーム・アイロニング・ドイツ支部(German Extreme Ironing Section, GEIS)の設立のきっかけになった。 記事によるとカメルーンの女性の26%が、この熱い儀式をしているという統計もあるということですが、なぜこのような自らの身体を傷つける習慣があるのでしょうか? 少女の胸を焼く理由は、自分の子供の胸が膨らんできて、セックスが出来るような年頃になると、セクハラを受けたり、レイプをされたりすることを心配するが故の行為だということです。 そして被害にあった少女たちも母親が自分のためにしてくれたことだからと、真実を語ることはほとんどないのが現状だ。 記録はまもなくの頂上(5859m)でアイロンを掛けた "南アフリカのY字の星"(South African Yster、""はでの意味)によって破られた。

>

【残酷な奇習】女子割礼だけではない! 少女の胸にアイロンがけする「ブレストアイロニング」の実態! (2014年11月24日)

3月には72人のダイバーによる水中での大人数エクストリーム・アイロニング記録が達成された。 彼女たちによると、「女性としての性徴が身体に現れるのを抑制することで、母親たちは、娘が純潔を守り、子供を産める成熟した女性に見えないように保証している」とのことである。 12 views• この慣習は、男性に利するのではなく、むしろ男性の注目から少女を守るため、つまり「少女自身のため」という理屈で、女性によって行われてきた、数少ない虐待の事例である。 Telegraph Media Group Limited. 椅子に座って取材に応えるゼの隣には娘のクラリスがソファで横になっている。 」と語った。

>

|カメルーン|娘を「守る」ために胸にアイロンをかける?

この行為を欧米のメディアでは「ブレストアイロニング」と呼んでいますが、和訳すると胸にアイロンを掛けるといった意味になります。 営業中の弁当屋の前にて。 次はいつもほえる犬のいる家の前にてアイロニング。 空を飛べる鳥の中で、世界一大きな鳥は何でしょうと、聞かれたら、どんな鳥を想像しますか? 多くの方は、ワシ. この手の内容が得意でない方は閲覧に注意してください。 8 views• 2013年1月14日閲覧。

>

[B! wikipedia] エクストリーム・アイロニング

現代においても、ビッグフットやイエティなどの大きな類人猿の話はありますが、ギガントピテクスは、はるか昔に実在し. いずれにしても、施術に失敗したからと言って胸の矯正には多額の費用がかかり、犠牲者は大きな重荷を負うことになるのです。 海にいるとサーファーのようにも見えます。 彼らは高さが30mもある峡谷上に渡したロープにぶら下がりながらアイロン掛けを行った。 今、その娘の胸は左右不釣り合いなものとなっています。 カメルーンは西アフリカにあるサッカーの強豪国だが、同時に未だFGM(女性性器切除)が横行している国でもある。

>

[B! wikipedia] エクストリーム・アイロニング

ブレスト・アイロニングは女性の胸に2つの全く逆の効果をもたらす。 今年はエクストリームアイロニングがくるかもしれないですよ。 イルカといえば、まず想像するのが愛くるしい目をした水族館などで活躍するあのイルカのイメージです。 」とチャナ医師は説明した。 ブレスト・アイロニングとは胸が膨らみ始めた少女に対して、通常、母親や叔母によって行われる伝統的な慣習で、熱した平らなものを胸に押し当て、成長を抑制、阻害しようとするものである。

>

|カメルーン|娘を「守る」ために胸にアイロンをかける?

チャナ医師は、診療所でブレスト・アイロニングの加害者と犠牲者双方に遭遇するという。 「その時、あまりのショックに頭の中で、『この娘に何が起きたのだろう。 女性の自然な成長を無視し、男性の責任を問うこともなしに、この不条理な儀式が今でも行われていることが許せないのです。 このブログでもいくつか. 胸が薄くなっているのがわかります。 1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招く生き物が描かれていますが、一. コンビニエンスストアにて。 それ以来ニュージーランドのチームが挑戦を続けている。 例えば妻が亡くなっている場合、娘にブレスト・アイロニングを施すのは父親の義務だと考えられているのです。

>