慌てる 類語。 「狼狽」の意味とは?語源や使い方の例文・類語も解説

慌てる(あわてる)の語源・由来

わかりやすい例文と合わせて見ていきましょう。 「泰然自若」はどんな時に使う?【使い方と例文】 それでは「泰然自若」の意味を理解したところで、正しい使い方を解説します。 何事があっても仕事を通して学んだ知恵と経験を軸に、不動のごとく慌てない上司はたくさんいますし、ことに社長となら、売上が下がったからと言って狼狽しては話になりません。 だれでも昼休み前や業務終了前は慌てることがあります。 人間は急いだために慌てると、慣れた作業でもミスをしやすいからです。

>

【慌てる】の例文や意味・使い方

「狼狽」の語源は「伝説の生き物」にある 「狼狽」の語源には伝説の生き物が関係しています。 類語については文脈や状況にあったものを選ぶようにして下さい。 意味:目の前で事故が起こり、わたしは狼狽した。 職場では上司や年配の方に使うことが多い 職場で新入社員や若手社員など、まだまだ経験不足で失敗の多い部下を抱える立場であるのが「上司」や「リーダー」などです。 日々クレーム処理に追われるが、「泰然自若」を忘れず冷静に取り扱うことが大切だ。 こちらも、ショックで自分を見失い、どうしてよいかわからない様子を表すため「泰然自若」の対義語として理解しておきましょう。 「狼狽」の英語表現を使った例文 An accident happens in front of me and I started to panic. 慌てるの語源・由来 「あわてる」は「泡立つ(あわたつ)」または「泡立て(あわたて)」の略とされています。

>

「慌てる自分」を見つめてミスを防ぐ努力をしましょう!

「泰然自若」と呼ぶにふさわしいのが、常に冷静沈着な我がチームのA部長だ。 「周章狼狽」とは「非常に慌てること」を意味する言葉です。 できるビジネスマンへの誉め言葉としても「泰然自若」は大いに活用できるでしょう。 どんな事態が訪れても心がブレず、沈着な姿でものごとに対応する姿には心から魅了されるものです。 「周章」が「慌てふためくこと」を、「狼狽」が「思いがけない出来事に、慌ててうろたえること」を意味します。

>

【慌てる】の例文や意味・使い方

万が一重大事やトラブルに遭遇しても、平常心を失わず、しっかりと対応する強い姿が想像できるでしょう。 まとめ 「狼狽」とは「思いがけない出来事に、慌ててうろたえること」を意味する言葉です。 加えて、ごく自然に話し言葉で言い換えるなら「動揺しない」や「混乱しない」、「狼狽えない(うろたえない)」なども類語として適切だと言えます。 「泰然自若」の意味は「何事にも動じず慌てないこと」 「泰然自若」は落ち着いた様子や何事にも動じないことを表す言葉です。 予想もしていない出来事に対して、対処法や解決法がわからずに慌てる状況で使われます。

>

【慌てる】の例文や意味・使い方

「上がると思っていた株価が下がった」や「ニュースをきっかけに株価が急落した」などの理由から、焦って売却してしまうことを表します。 「Panic」とは「狼狽」や「恐怖」を意味する単語です。 また、12時前に入らないとレストランの駐車場が混むから……と考えて焦ることもありますし、約束があって6時には会社を出たいから5時 半までに帰社して……と考えると余裕がなくなることもあります。 似た表現に「狼藉(ろうぜき)」があるため、読み方が混同しないように注意しましょう。 「泰然自若」の由来・語源は「泰然」と「自若」の意味そのもの 「泰然自若」という言葉の由来や語源は、「泰然」という言葉と「自若」という言葉が示す意味、そのものとなります。 ぶくぶくと泡だつ様は、騒々しく落ち着かないところから転じたと考えられています。

>

慌てる(あわてる)の語源・由来

「泰然自若」は英語でどのように表現するのでしょうか? 「泰然自若」は「keep cool」や「be steady」など 「泰然自若」を英語で表現すると、「keep cool」や「be steady」などが最適です。 社会人として備えておきたい要素として「メンタル面の強さ」は外すことができません。 「狼狽」の使い方と例文とは? 「狼狽する」「狼狽した」のように使う 「狼狽」の使い方には「狼狽する」や「狼狽した」があります。 「泰然自若」を使って精神面の強さを褒める 「泰然自若」という言葉の意味を察するなら、「過酷な局面に対しても動じない」ということで、相手の精神面の強さを賞賛する「褒め言葉」としても使えます。 江戸後期の辞書「和訓栞(わくんのしおり)」に「沫立つの意を転用せるなるべし」とあります。

>