モズ アトラクション。 【シリウスステークス2019予想】モズアトラクションに不安あり!?追い切り・調教分析

モズアトラクションが丸わかり!競走馬データベース

以上、シリウスステークスに出走登録している有力各馬の能力を分析した。 好走傾向からも最終追い切りで『一杯』に負荷を掛けられて馬が良い傾向にあります。 アングライフェン スレイプニルステークスの4着という結果は、58キロの斤量で早めに捲くった分だけゴール前で歩いてしまった。 函館滞在時にダートコースで追い切りを行われており、これを踏襲しているのかなと。 そこで、競馬理論の競馬予想では、シリウスステークスの出走予定馬の能力をステップレースごとに分析する。 【モズアトラクション】 《1週前追い切り》 助手 栗B 良 73. よって、シリウスステークスの予想では、ダート2戦目の上がり目を考慮して、タイムフライヤーにもかなり高い評価を与えるべきである。

>

モズアトラクションの競走馬データ 全戦績・成績・血統・評価を掲載中

しかし、これは追い切りからは推奨出来ないパターンですね。 スレイプニルステークス組 4着のアングライフェン(川田将雅)が出走を予定している。 確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ意味が無いですよね。 よって、シリウスステークスの予想では、ジョーダンキングにもかなり高い評価を与えて当然である。 1秒遅れ 追い切り考察 これまでは栗東CWと栗東坂路の併用で調整されています。 最近勢いに乗る口コミで話題沸騰のオススメ競馬予想サイトを紹介! 最近は競馬情報サイトが乱立しすぎて、 「どのサイトを参考にすればいいのかわからない!」 「本当に役立つ競馬予想サイトはどれ?」 という疑問を持たれる方が増えてきています。 毎週末の競馬予想配信の他に、全国各地へのセミナー講演、メディア出演など幅広く活躍。

>

モズアトラクションが丸わかり!競走馬データベース

昨年は1着馬オメガパフュームが年末の東京大賞典を勝利。 第37回 東海ステークス GII 出走予定馬展望 日程:2020年1月26日 日 コース:京都ダ1800m 予想用・出走予定馬一覧 モズアトラクション(藤岡康騎手想定) エルムステークスでは強烈な末脚を発揮して重賞初制覇、嵌れば強烈モズアトラクションが東海ステークスに出走予定だ。 ただし、アングライフェンは、今年に入ってオープン特別で崩れなく脚を使っている。 ただ、ダート2戦目で慣れが見込めますし、地力は確か。 2005年より競馬予想サイト「予想屋マスター」を開設。 シリウスステークス 枠順配置 1- 1ピオネロ 牡8 北村友一 2- 2タイムフライヤー 牡4 ルメール 3- 3ヤマカツライデン 牡7 池添謙一 3- 4モズアトラクション 牡5 藤岡康太 4- 5サトノプライム 牡5 古川吉洋 4- 6ロードゴラッソ 牡4 藤岡佑介 5- 7ロードアルペジオ 牡6 福永祐一 5- 8アングライフェン 牡7 川田将雅 6- 9ナムラアラシ 牡6 幸英明 6-10マッスルビーチ 牡3 松岡正海 7-11ジョーダンキング 牡6 岩田康誠 7-12メイショウワザシ 牡4 松山弘平 8-13メイプルブラザー 牡5 宮崎北斗 8-14キングズガード 牡8 浜中俊 阪神ダート1800m 正面スタンド前4コーナーポケット地点からスタートするコース。 ハンデ戦になるので斤量がどうかですが、良馬場で前が止まるような流れになれば」. 総合的には可もなく不可もなくといった印象です。

>

モズアトラクション

よって、シリウスステークスの予想では、急激なメンバー強化であっても、差しが届く展開になるようであれば、マッスルビーチにも注目して当然である。 元馬主、元厩務員、元騎手、元調教師、現役トラックマン など、数々の情報元と独自の繋がりを持っています。 今回は面白いと思うんだけどね。 阿蘇ステークス組 4着のメイショウワザシ(松山弘平)が出走登録している。 万馬券を何度も当てるため、高額馬券引換所受付のおばさん達から、「あんちゃんまた来たの?」と驚かれていた。 前走見せた上がり35.8秒をもう1度記録できれば勝ち負けまで期待したいところです。 ペテルギウスステークス組 1着のロードアルペジオ(福永祐一)が出走を予定している。

>

【シリウスステークス2019予想】モズアトラクションに不安あり!?追い切り・調教分析

近走の充実度から軽視するのは勇気がいりますが、ここは敢えてこの馬を嫌って馬券を組んでも面白そう。 この斤量差があれば、格上挑戦とはいえ十分勝負になるでしょう。 モズアトラクションも常に噛み合うかどうか?というのをまず第一に考えるべき馬で、正直嵌ればトップレベル相手でも互角にやれるポテンシャルを持っている。 また、タイムフライヤーは、血統的にもダート適性は高そうである。 追い切りから推奨材料ナシという評価です。 取り捨ての考え方としては人気薄なら押さえておく、人気なら軽視、という付き合い方が一番ベターかなと考えています。 シリウスステークスは、今後のダートのG1戦線を占う意味でも注目を集める。

>

【シリウスS】モズアトラクション、馬場状態とペースが鍵

グリム エルムステークスの7着という結果は、ハイペースでなし崩しに脚を使ってしまい、見せ場なく敗れた。 この辺りがどうか、という疑問はあります。 追い切りパターンとしては好走パターンに当てはまっています。 エルムステークスで断然の1番人気を裏切ってしまったグリムが再度1番人気となりそうだが、前走の敗因次第では波乱の可能性も予想される。 インティをはじめ強力な先行勢が揃った中で、持ち味の嵌ったときの末脚を爆発させることができるかに注目だ。 3着馬サンライズソアはチャンピオンズカップ3着となっており、次走以降に向けて見逃せない一戦となります。

>

モズアトラクション|JBISサーチ(JBIS

最初のコーナーまで約500mあるので枠順による有利不利はほとんどないコースです。 それでも1週前・最終追い切り共に併せ馬で遅れ事はあまり良くない印象です。 追い切りパターンとしては栗東坂路仕上げになる事もあり、一戦ごとに追い切りパターンを変えてきています。 1秒先着 追い切り考察 この馬のポイントとしてはとにかく追い切りは抜群に動いてくる馬です。 それよりも間隔が詰まる中でもしっかり負荷を掛けられたことを評価したいです。

>

シリウスステークス(2019年) モズアトラクション重賞連覇なるか!?

函館での2戦が生きましたね。 。 中間7本の追い切りを消化しましたが、今走は今までのようにあまり時計を出してきませんでした。 しかし、それが結果に繋がらない日々。 テルペリオン マーキュリーカップの3着という結果は、グリムにこそ力負けであったが、先行してしぶとく粘り込んだ。 今走は中2週と間隔が詰まるので1週前追い切りは行われず、最終追い切りは栗東CW仕上げを使われました。 上り坂を2度通過することになるので、パワーとスタミナは必須のコースとなっています 過去5年の好走馬の 追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。

>