Hdd 転売。 2019年神奈川県HDD転売・情報流出事件

【悲報】行政文書HDD転売、落札総額1200万円

シリアルナンバーは 0F19455MPKAC00P39• ブロードリンクの榊彰一社長は、2019年12月9日の会見で、こう説明して、頭を下げた。 2020年6月9日閲覧。 *東芝dynabook、国内ノートの定番でスタンダードなノートパソコン このモデルは、マニュアルには一切HDD交換に関する記載はありませんが、裏面から簡単にHDDを取り出すことが可能です。 そのため、外部からの攻撃で情報漏えいするというのは脆弱性対策をしっかりしていれば、なかなか起きにくいことかと。 9個のデータは、計27テラバイトもあったといい、「世界最悪級の流出」とも報じられている。 2020年5月11日 男に対し東京地検は懲役2年を求刑。

>

あのHDD転売事件はどうすれば防げたか? フェーズごとの対応ポイント

容量不足でより容量の大きい物へ交換する場合もありますし、稼動部がある経年劣化の顕著なパーツのため寿命による交換もあります。 最悪級の理由 廃棄を専門に請け負う会社に持ち込まれた媒体には、これから廃棄するためのHDDなので含まれるデータは、容易に復元出来る状態にあったものが多いと思われます。 セキュリティの担保と信頼の回復のために努力すると説明しました。 どちらの場合でもインターネットにつながったらすぐにWindowsアップデートとセキュリティソフトの更新をしましょう。 しかも、落札者の一人は復元ソフトでデータ復元をしていたとのこと。 また、全てのHDDデータ消去を依頼した顧客に対し、破壊後と破壊前の写真を全件提出するとのこと。 ただし、有効になった状態でドライバがないと毎回起動時に新しいハードウェアとして認識されドライバのインストールを促されますのでかなり煩わしくなります。

>

神奈川県庁HDD転売、ネット掲示板では以前から「不穏な噂」が イニシャルで「横流し」書き込み: J

高橋容疑者は、ヤフオクで転売された神奈川県のHDD18個について社内調査に持ち出しを認めた。 また、他に後からインストールしたソフトがあるのならば、改めてインストールしましょう。 残りの落札分 HDD4台 関東圏の人物が落札。 機密度「2」以上の情報を含む機器に対しては、従来のソフトウェア消去よりも上位の消去手法が求められており、その具体例として示された各種データ消去手法は、米国標準技術研究所(NIST)による「SP800-88 Rev. この作業はHDDの交換に限らずパソコンをいじる場合の定番です。 HDDの物理破壊をブロードリンクに依頼したのは富士通リースで、神奈川県庁とブロードリンクの間には直接的な契約はなかったとして、県庁職員は破壊の現場には立ち会わなかったという。 ブロードリンクの幹部は取材に対し、流出があったことを認めた上で「現時点では詳細を説明できない」と話した。

>

納税記録などのHDD転売行政文書が大量流出…みんなの反応は

同日 警視庁捜査3課が男から任意で事情聴取。 しかし、間違えて消してしまったファイルを復活させるような特殊なソフトウェアを使うと、目次ではなく、ノートの全ページを全部確認して目次に無い記載が残っているページから目次を再作成しますので、120ページのAさんの個人情報も目次にリストアップされることでまた目次から辿れるようになります。 2019年12月報道ののHDD転売・情報流出事件以降、は再発防止策を打ち出し、総務省も自治体向けセキュリティポリシーのガイドライン改定へと動き始めました。 初めて交換作業するときは難しく感じるかもしれませんし、多少苦労するかもしれません。 パソコンのファイルをゴミ箱に捨てたとしても、削除したファイルのデータはHDD内部に保存されています。 富士通リースからHDDの完全消去を委託され、またHDDを盗み出した社員が勤務していたブロードリンクが都内で記者会見を開催し、問題となったセキュリティ体制や、今後の再発防止策について説明しました。 新しいHDDに交換したら、新しいHDDへOSのインストール、もしくはリカバリーです。

>

HDD転売はなぜ起きたか。原因のセキュリティ体制と再発防止策を説明──ブロードリンクが会見

廃棄対象の資機材は東京大田区のデータ消去施設に集積。 オークションでHDD落としたら、データ復元してお宝探しするのが普通なんでしょうか? 神奈川県庁で使われていたハードディスク(HDD)が、データの消去が不十分な状態でネットオークションを通じて転売された問題で、県は20日、行方不明となっていた9個のHDDのうち5個を、落札者2人から回収したと発表した。 *システムのプロパティ内のハードウェアタブ *デバイスマネージャ画面 画像のように「?」が付いている項目はドライバがまだインストールされていない ドライバがインストールされていないハードウェアがあればインストールしましょう。 神奈川県庁の謝罪文 神奈川県庁では、情報機器レンタルを手掛ける富士通リース(東京都千代田区)からレンタルしていたファイルサーバのHDDを、メンテナンスのため2019年春に交換。 さて、これを消す場合、ノートの場合だと目次と120ページ目を消しゴムで消すと思います。

>

HDDなど転売「7844個」──行政文書流出、ブロードリンクが謝罪 ずさんな管理体制明らかに (1/2)

12月3日に高橋容疑者を問いただしたところ、転売の事実を認めたという。 無料回収にはサイズ制限あり 無料回収の対象になるのは 30㎝以下のハードディスクだけです。 2019年12月10日時点のよりアーカイブ。 報道ステーションは当該アカウントの評価数等が5000件以上と報道。 同日 午後 神奈川県が情報流出について記者会見。 つまりHDD内部のデータを完全に消去したり、HDD本体を破壊しない限りはHDD内部のデータが復元される可能性があるのです。

>