アメリカ 大統領 選挙 テレビ 討論 会。 トランプ氏とバイデン氏がテレビ討論会で激突…アメリカ大統領選の展望を聞く : アメリカ大統領選挙2020 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

【詳報】第2回は「ちゃんとした討論会」に 米大統領選

ジョーは討論から下りたがっていた。 だが、討論会の品位は損なわれるばかり。 それに、リアリティ番組の司会者をしていたトランプ氏の話術の巧みさの前ではどうしたって不利とみられる。 — Hillary Clinton HillaryClinton 4年前の大統領選でトランプ氏に敗れたヒラリー・クリントン氏、「バイデン氏こそ我々に必要な経験を備えた指導者であることをこれまで以上に確信した」とツイート。 失言を避けて、 「大統領らしい」振る舞いを見せれば勝ちと評価されるだろう。 現在の所は、支持率はバイデンが54%、トランプ45%くらいである。

>

アメリカ大統領選TV討論会 双方の立場の違い鮮明に

・私が大統領になったら、メキシコとの国境に「万里の長城」を建設し、メキシコにその費用を払わせる。 トランプ大統領 「数百万ドル払った。 彼は法の執行機関から全く支持されていない」と批判。 48,875件のビュー• 討論会では人種差別問題でも議論が交わされましたが、アメリカのメディアはその際、トランプ大統領が白人至上主義を明確に非難しなかったと大きく報じています。 「出たとこ勝負」の生放送 テレビ討論会日程 今日は9月7日(月)。 日本学術振興会賞、日本学士院学術奨励賞受賞。

>

アメリカ大統領選挙のしくみと日程&テレビ討論会の日本での視聴方法

これについて司会者が次の大統領の正当性をどう担保するか質問した。 74,913件のビュー• これに対してバイデン氏は、歴代の大統領が慣例として公表してきた納税記録を隠し続けることは不正があるからだと主張し、トランプ大統領の姿勢を追及する構えです。 まだ投票する候補を決めていない層に大きな影響を与える」と話す。 前回の選挙でも得票総数ではヒラリーがトランプより多かったのだ。 — 沢村 亙 Wataru Sawamura wsawa 米大統領選の討論会、最後の質問は「自分に投票しなかった国民にどんなメッセージを?」。 グレイ色の州は拮抗していて、どちらが強いともいえない州です。

>

トランプ氏とバイデン氏がテレビ討論会で激突…アメリカ大統領選の展望を聞く : アメリカ大統領選挙2020 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

さらに「私はロシアのプーチン大統領に対して彼のやり方は受け入れないとはっきり伝えたが、トランプ氏は何も言えない、プーチンの犬になっている」と述べ、現政権の外交姿勢を痛烈に批判した。 候補者は、有権者の関心が高い問題について意見をぶつけあい、批判をかわし反論することを通じて「自分こそが大統領に最もふさわしい」とアピールしなければなりません。 理由について、前嶋教授は、「さまざまな政策について話されたが、相手の言ったことに対してすぐに反論していて政策論争が深まらず、全体的に何が話されていたか覚えていない。 23,499件のビュー• また、民主党の副大統領候補のカマラ・ハリス上院議員も夫妻の納税の記録を公表し、去年は118万ドル余り、日本円にして1億2529万円余りを連邦政府に納税したとしています。 大勢の人からオバマケアの恩恵を取り上げようとしている」と厳しく批判。 これらの州でバイデンはぶっちぎりで勝ちそうなのである。

>

【詳報】第2回は「ちゃんとした討論会」に 米大統領選

前半は政権の新型コロナウイルス対策を批判して、トランプ大統領が論理的に説明できない場面があるなど、バイデン氏が優勢に進めたが、後半はややアピールに欠けるところがあったのではないか」と評価しています。 同局はトランプ氏に好意的な報道が多いが、ウォレス氏はインタビューでトランプ氏を厳しく追及したこともある。 1992年選挙では、現職のパパ・ブッシュ大統領が放送中に腕時計を「チラ見」したことが、「冷たい人」の印象を与えてしまった。 「なぜバイデンは事前に書いたメモでも読むように下ばかり向いてるんだ?自分が説明している政策の基本も覚えられないのか?」 11:15 トランプ氏「ロシアロシアロシア」 人種問題がテーマの議論で、トランプ氏は、バイデン氏がロシアから多額の金を受け取っているとして「汚職にまみれた政治家だ」と主張したり、「ロシアロシアロシア」と連呼したり。 政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」がまとめたトランプ氏とバイデン氏の支持率 渡辺氏:トランプ大統領は、当初からアメリカ全体をまとめる気はなくて、自分の岩盤支持基盤、つまり、宗教的な保守層や白人の保守層を固めることを考えています。

>

アメリカ大統領選TV討論会 双方の立場の違い鮮明に

ニューヨーク・タイムズは「トランプ大統領は、まだ投票先を決めかねている有権者に対してみずからの指導力を証明しようと努力せず、バイデン氏は大統領としてあるまじき態度だとトランプ氏を批判した」とする一方、勝者は明示しなかった。 論点をずらしてバイデン氏の批判を繰り返す場面も。 ただし10月15日の2回目の大統領討論会はタウンホール形式となり、両候補がその場で聴衆からの質問を受け付ける。 世論調査では党や候補者によって、本当は投票するのだが、そのことをいいたくないという層がある。 ニューヨーク・タイムズは、「討論は落ち着いた進行となったが、トランプ大統領とバイデン氏はさまざまな議題で考え方が大きく異なることを鮮明にした」としています。

>

アメリカ大統領選TV討論会 双方の立場の違い鮮明に

渡辺氏:アメリカの分断が深まり、民主党と共和党の支持者では、まったく世界の見え方が違う「パラレルワールド」になっています。 また、2000年は民主党のゴア氏が、共和党のブッシュ氏(子)の発言の間にため息を繰り返し、イメージを下げた。 このため司会者と民主党のバイデン候補が改めて明言するよう求めたのに対し、トランプ大統領は「具体的にどの団体を名指しすればいいか?」と聞き、バイデン氏があるグループに言及するとこのグループに呼びかけるように「後ろに下がり、待機せよ」と述べました。 アメリカ総局長は「日本の首相にも問いたい」とツイート。 日本では公明党の支持率など世論調査では投票率よりかなり低く出る。

>