ベラルーシ 大統領。 ベラルーシ大統領6選、反政権派は結果認めず抗議デモ続く

アレクサンドル・ルカシェンコ

また、ルカシェンコ大統領が、コロナなど恐るるに足らずといった放言を繰り返しています。 ベラルーシのルカシェンコ大統領は、IMFがCovid-19の封鎖を課すために10億米ドルの賄賂を提供したと述べています ベラルーシのアレクサンドルルカシェンコ大統領は先月、ベラルーシの電信局(ベルタ)を通じて、世界銀行とIMFが「Covid Relief Aid」の形で9億4,000万ドルの賄賂を提供したと語った。 なお、1999年12月8日にとの間で調印されたの発効に伴い、翌2000年1月に「」の初代「最高国家会議議長()」に就任した。 性格的には気難しい人物とされ、過激な発言も多く、だけではなく、友好国であるはずのロシアをも激しく批判するその姿勢から、「奇人」とも評されている。 隣の『兄弟』国で抗議が成功を収めるのは、気分が良くないだろうから」と分析。 でのロシアの旧ソ連諸国との軍事的な対立や、ベラルーシのロシアへの併合への圧力をかけるためのの値上げなどの諸政策を受け、再度欧米への接近を図っているとも伝えられるが、およびロシアとはバランスを保った関係を維持し、自らの権力を維持しようとしているという見方もある。 ストライキを行う国営企業の経営側にも圧力をかけ続け、ある国営企業ではストライキに参加した従業員の入館証を奪い取って出勤できないようにしたうえで、その後任にOBの従業員を呼び戻すという措置にまで出ています。

>

WEB特集 支局長が解説! ベラルーシで何が? 大統領が“強権”って?

ロシアの野党政治家のドミトリー・グドコフ氏は「今のベラルーシに、われわれの近未来が見える」と語り、ベラルーシの大統領選では投票結果をすげ替える不正が行われたのは間違いないと指摘した。 【モスクワ時事】ベラルーシのルカシェンコ大統領は27日、憲法改正が行われれば、大統領職にとどまらない意向を表明した。 それは単にデモを行っているということではなく、同じ目的、つまり「正直な選挙に票を投じて参加する権利」を求めて団結していることだという。 2018年2月19日時点のよりアーカイブ。 また、軍の視察に訪れる際には柄の野戦服姿の時もある。 ベラルーシではことし8月に行われた大統領選挙が不正だったとして、ルカシェンコ大統領の辞任を求める市民たちの抗議活動が続いていて、29日も各地で行われました。 2020年にが世界的に流行した際には、4月に中国がベラルーシに対して検査キットやマスク、防護服を支援した。

>

ベラルーシ大統領「政権崩壊すれば次はロシア」

2020年、「の大流行を利用して、各国首脳らが科学者や医師よりも生死に即効性があることを世界に教えたことに対して」、アメリカ大統領らと共にを受賞した。 もちろん、ウイルスに対する恐れや、諸外国が厳戒態勢をとる中で自分たちだけサッカーをやっていていいのかという戸惑いが大きいでしょう。 警察は道路も封鎖している。 「ベラルーシには美人がたくさんいる。 毎年恒例、アイスホッケー全国アマチュア選手権が多数の来場者を集めた上で開催され、4月11日の決勝ではルカシェンコ自身が加わった「大統領チーム」が見事優勝を果たしたのです(冒頭の写真参照)。

>

EUがベラルーシ制裁合意 大統領選の不正疑惑めぐり:朝日新聞デジタル

最大の貿易相手国でもあり、民族的にも近い両国。 このため、ベラルーシ語自体が絶滅の危機に瀕しているとされる。 2012年にはの前大統領の不正資金疑惑(大統領に当選した2007年に、カッザーフィーから5000万を受け取ることを合意していたというもの)について、「カッザーフィー本人からサルコジに1億ドルを渡したと聞いた」と証言し、大きな波紋を呼んだ。 ヨーロッパのサッカーは国内大会も国際大会も3月に相次いで休止してしまったわけですが、そうした中でベラルーシでは3月後半に新シーズンが開幕し(ヨーロッパの主流とは異なり春秋制をとっている)、今のところ平常通り大会が続けられているのです。 「欧州最後の独裁者」と呼ばれるルカシェンコ大統領の奇矯な言動や、チェルノブイリ原発事故の汚染被害(原発そのものはウクライナに所在)、美人が多いといったことが、時折話題になる程度です。 ロシアのプーチン大統領はこれに基づいて、単一通貨の導入など、経済分野を中心とした統合に向けて、ルカシェンコ大統領と長年にわたって協議を重ねてきました。

>

改憲なら退任の意向 ベラルーシ大統領:時事ドットコム

私はせいぜいワクチンまでだなぁ。 経済を破綻させてどうすんだ・・・? 国民を窮地に追い込み、管理社会への支配下で服従させるためでしょう。 翌10月17日の国民投票の結果、8割弱の賛成で3選への道を開く。 (英語)• 2013年、「公共の場で喝采することを違法にしたことに対して」(のを「反体制行為」と見做しての処置)、を受賞した。 2020年4月22日閲覧。 北海道・東北• 2010年9月7日. 極度の封鎖 ロックダウンや外出自粛でしょうね。

>

焦点:ベラルーシの抗議活動、プーチン氏にも不安材料となる理由

この動きは、ロシアの政治にも影響を及ぼしている。 ロシアのは大統領時代にルカシェンコを「外交的規範どころか、人間としての基本的礼儀さえわきまえない」と嫌悪感を露にしている。 昨今ではロシアと、ウクライナや欧米との間で対立が深まっており()、ベラルーシはその調停役を担うことも多い。 に伴う独立後、ベラルーシは国内が混乱して政府も腐敗していた。 2011年5月27日、ルカシェンコは政府関係者を集めた会議の席上、「ども(ロシアのこと)に我々の国を売り払いなどしない! 新憲法下で大統領としてあなた方と働くつもりはない」と語った。 「彼としては、ベラルーシの抗議は失敗する必要がある。

>

コロナのフェイクをベラルーシ大統領が暴露!

ちなみに、かつてベラルーシではベラルーシ人女性の・海外が問題になった。 ナワリヌイ氏の側近のレオニド・ボルコフ氏は、自分たちはベラルーシ当局のやり口を注目していると話す。 「ルカシェンコ大統領が圧勝した」との選挙結果を認めないことも確認。 日本だとまだちょっとピンときませんが。 中国は我々に、このウイルスは摂氏60度で、もう生きられないというアドバイスをくれた」 「テレビでトラクターを運転している人々を観て嬉しく思ったのだが、彼らは誰もウイルスの話なんかしない。

>

EUがベラルーシ制裁合意 大統領選の不正疑惑めぐり:朝日新聞デジタル

。 なお、新型コロナはルカシェンコ自身も感染したが回復したと同年7月28日に語っている。 同日に約2千人の拘束者を釈放したが、施設の収容能力を超えたためとみられる。 チハノフスカヤ氏の所在を巡っても懸念が浮上している。 趣味はスポーツで、特にとを好む。

>