東京 版 新型 コロナ 見守り サービス。 新型コロナ・テックパートナー企業追加募集(第661報)|東京都

新型コロナ・テックパートナー企業追加募集(第661報)|東京都

この度、民間事業者主体による「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」を構築し、都内民間店舗等で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、利用者の訪問履歴に基づき、迅速に感染情報を通知する取組を行います。 オ 訪問履歴と事前モバイルオーダーシステムの結び付け• これらにより、店舗で新型コロナウイルス感染症の感染者集団(クラスター)が発生した場合に、店舗は登録したユーザーへ、「PassMarket」のシステムを通じて発生者集団(クラスター)の発生などの感染情報を通知できます。 6 提出書類• イ 訪問履歴と予約システムの結び付け• 都の文化施設、スポーツ施設、庭園・動物園、図書館で6月12日から展開し、ワクチン・治療薬の開発等、感染不安が少なくなった段階で終了予定としている。 なお、Yahoo! 本サービスにより、市中感染リスクの低減や早期相談につなげ、「新しい日常」の定着を図っていきます。 2020年08月11日 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部 店舗型東京版新型コロナ見守りサービスに係る新型コロナ・テックパートナー企業の追加募集を開始します(第661報) 東京都では、都内民間店舗等で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、利用者の訪問履歴に基づき、迅速に感染情報を通知する「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」を、新型コロナ・テックパートナー企業の協力の下、令和2年6月27日から順次運用を開始しました。 ぜひ、ご家族や学校・職場などの皆さんでご活用ください。 これらにより、店舗で新型コロナウイルス感染症の感染者集団 クラスター が発生した場合に、店舗は登録したユーザーへ、PassMarketのシステムを通じて発生者集団 クラスター の発生などの感染情報を通知できるという。

>

ICT技術を活用した新型コロナウイルス感染症対策|東京都防災ホームページ

ヤフーは6月26日、東京都と「店舗型東京版新型コロナ見守りサービスに係る新型コロナ・テックパートナー企業に関する覚書」を締結した。 本サービスの登録は任意です。 都が6月12日から協力事業者を公募したことを受け、同社はPassMarketのサービス提供を応募した結果、選定を受けたとのこと。 東京都は、美術館・博物館、図書館などの都立施設において「東京版新型コロナ見守りサービス」の運用を6月12日から開始する。 (ご参考) 東京都報道発表. 本サービスは、都立施設を安全・安心に利用いただくために、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、東京都が新たに構築し、運用を開始するものです。 ICT技術を活用した新型コロナウイルス感染症対策 ICT 技術やデータを活用した新型コロナウイルス感染症対策の一つとして、コンタクトトレーシングアプリの導入が世界的に注目されています。 (1)「エントリーシート」(様式2)• (2)「提案書」• 「PassMarket」が提供する「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」は、「事前申込み方式」と「店舗訪問時方式」の2種類の登録方法があります。

>

ヤフー、「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」を提供開始

ご来館の際には、登録にご協力をお願いいたします。 8 問合せ先 戦略政策情報推進本部ICT推進部次世代通信推進課 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎12階北側 03-5320-6273 登録操作・配信の流れ(一部例示). 2020年10月 1日 【6月12日~】東京版新型コロナ見守りサービスの提供を開始します 多くの利用者が訪れる都立庭園を安全・安心にご利用いただくため、新型コロナウイルス感染防止の観点から新たに「東京版新型コロナ見守りサービス」の運用を令和 2年 6月 12日(金)から開始します。 編集部が選ぶ関連記事• 関連リンク• 記 1 概要 本サービスは、都立施設で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、施設の訪問履歴に基づき利用者に迅速に感染情報を通知する仕組みです。 ユーザーがクラスター発生時の感染リスクを早期に把握し、保健所などへ早期に相談できることで、新型コロナウイルス感染拡大を抑止する効果を見込めます。 いつもPayPayをご利用いただき、誠にありがとうございます。 JAPANを傘下に持つZホールディングスの子会社である一休が運営する「一休. 厚生労働省は、「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」を6月19日15時に配信開始する。 ご登録いただくデータ(メールアドレス、日時、施設)は、東京都個人情報の保護に関する条例に従い、適切に運用管理いたします。

>

ICT技術を活用した新型コロナウイルス感染症対策|東京都防災ホームページ

ユーザーがクラスター発生時の感染リスクを早期に把握し、保健所などへ早期に相談できることで、新型コロナウイルス感染拡大を抑止する効果を見込めるとしている。 なお同サービスは、ワクチンが開発されるなど、新型コロナウイルス感染症が終息した段階で提供を終了する予定という。 このアプリを利用することで、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性がある場合に通知を受けることができ、感染の可能性をいち早く知ることができます。 ~東京版新型コロナ見守りサービスとは~ 施設で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、 施設の訪問履歴に基づき利用者に迅速に感染情報を通知する仕組み です。 多くの利用者が訪れる都立施設を安全・安心に利用いただくために、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から新たに「東京版新型コロナ見守りサービス」を構築し、下記のとおり運用を開始しますので、お知らせいたします。

>

フードデリバリーにまた新顔「FOODNEKO」 東京でサービス開始

これにより、都の新型コロナ・テックパートナーとしてデジタルチケット販売サービスである「PassMarket パスマーケット 」の機能を使用し、「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」の提供を開始するとのこと。 都立施設を安心・安全にご利用いただくとともに、市中感染リスク低減のためにご活用ください。 当初の加盟店は、バーガーキングとクリスピーチキンアンドトマト、また一人前からのメニューが豊富な地域の料理店です。 登録なしでもご利用いただけます。 アプリ利用者で感染者が出た場合、アプリを利用している濃厚接触者に警告が表示される仕組みです。 厚生労働省が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に役立たせるため、新型コロナウイルス接触確認アプリをリリースした。 メール版は、利用者のメールアドレスと、訪問施設及び訪問日時の情報を万が一の通知に備えて保管しますが、本通知以外に使用する事は一切無く、また20日間経過後は、完全に削除いたします。

>

「東京版新型コロナ見守りサービス」を開始|東京都

このアプリはどんなメリットをもたらし、普及させる上でどんな課題があるのか? リリースの約1週間前となる6月13日に有識者が行ったディスカッションから読み解いていく。 地域情報サービス「Yahoo! 「東京版新型コロナ見守りサービス」を開始 都立施設で新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団感染)が発生した際などに、訪問履歴に基づき利用者に感染情報を提供するサービスです。 登録は、施設に掲示されているQRコードをスマートフォンで読み取ることで手軽に行うことができます。 「東京版新型コロナ見守りサービス」導入のお知らせ 公益財団法人東京都歴史文化財団では、都立文化施設を安全・安心にご利用いただくために、「東京版新型コロナ見守りサービス」を6月18日(木)より導入しますので、お知らせいたします。 2020年6月27日より東京都の新型コロナ・テックパートナーとしてPayPayアプリ上で「東京版新型コロナ見守りサービス」の提供を開始しました。 「事前申込み方式」はユーザーが店舗を訪問する前に、「PassMarket」のウェブサイト上で対象店舗のチケットを入手します。

>

ヤフー、「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」を提供開始

同サービスは、都立施設で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、施設の訪問履歴に基づき利用者に迅速に感染情報を通知するもの。 ついては、本取組を事業として展開する「新型コロナ・テックパートナー企業」を募集しますので、下記のとおりお知らせいたします。 東京都が提供するこのサービスは、新型コロナウイルスの市中感染リスクの低減や早期相談につなげ、「新しい日常」の定着とともに、第2波への備えを強化していくためのものです。 利用にあたっての登録は、施設に掲示してある QRコード をスマートフォン等のカメラで読み取ることで手軽に行うことが できます。 関連記事• 店舗型東京版新型コロナ見守りサービスに係る 新型コロナ・テックパートナー企業の募集 東京都では、美術館・博物館、図書館など多くの利用者が訪れる都立施設を安全・安心に利用いただくために、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から「東京版新型コロナ見守りサービス」の運用を令和2年6月12日より開始したところです。 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)に関する不具合や意見についてはappsupport cov19. 同社は、同サービスの参加店舗の拡大にも努めるとしている。

>

(第661報)店舗型東京版新型コロナ見守りサービスに係る新型コロナ・テックパートナー企業の追加募集を開始します|東京都防災ホームページ

感染拡大防止へのご理解とご協力をお願いいたします。 令和2年8月1日から東京都新型コロナウイルス感染症対策一部改正条例が施行され、都民及び都内民間店舗等における通知サービス(接触確認アプリ等)の活用が努力義務化されました。 この記事では、その利用方法を簡単に紹介します。 クラスター発生が確認された店舗一覧 クラスター発生の報告はありません。 「都立施設入館システム」 メール とLINE「新型コロナ対策パーソナルサポート」から選択し、施設入口に掲示してあるQRコードをスマートフォン等のカメラで読み取って登録。 関連リンク• 令和2年8月11日 14時00分 東京都では、都内民間店舗等で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、利用者の訪問履歴に基づき、迅速に感染情報を通知する「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」を、新型コロナ・テックパートナー企業の協力の下、令和2年6月27日から順次運用を開始しました。

>