ダイハツ タント カスタム x。 ダイハツ タント 660 カスタム X(価格:31万円, 三重県, 物件番号:19388288)|中古車の情報・価格【MOTA】

ダイハツ タント 660 カスタム X SAの基本スペック|中古車なら【カーセンサーnet】

良く考えて、過去の経験の上で作りこんでいる。 車種の特徴 「タント」は、2003年にダイハツが発売を開始した車両で、4人乗りで5ドアの「しあわせ家族空間」をコンセプトとした軽自動車として誕生しました。 XとカスタムXの差額 205,200円• 価格には保険料、税金、自動車リサイクル料金、その他の登録に伴う費用は含みません。 福祉車両の開発にも力を注ぎ、大開口バックドアの利点を最大に利用し、車椅子のままで乗降ができるタントスローパーもラインナップしている。 シートヒーター• 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール) 先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車まで制御• 「カスタムRS」専用の15インチアルミホイール。 高速域では「ベルト+ギヤ駆動」となり、伝達効率を約8%向上。

>

【公式】タントの新車価格とグレード|ダイハツ

従って契約から1カ月で納車できる。 運転席に新たに採用された540mmのロングスライド機構と、380mmの助手席スライド機構、大開口の「ミラクルオープンドア」からなる「ミラクルウォークスルーパッケージ」。 新グレード「セレクション」を設定。 【エクステリア】 カスタムで良かったです。 コーナーセンサー ただし、タント「L」、タントカスタム「カスタムL」には標識認識機能が装備されていません。 ETC付です。 N-BOXはもちろん「N-VAN」にも「ホンダセンシング」が採用されていて、ACCも使うことができる。

>

ダイハツ新型タントついに王座奪還!! 賢い買い方はこれだ!!!

ターボ車でなくても十分に快適に走れるので「X」「カスタムX」でも十分満足できると思いますが、どうしてもターボ車が気になるなら、まずは一度試乗してみることをおすすめします。 安全設計のロングスライド機構 2007年の2代目から採用されているのが「ミラクルオープンドア」である。 5m 駆動系 駆動方式 FF トランスミッション CVT(無段変速車) LSD - 変速比 第1速 - 変速比 第2速 - 変速比 第3速 - 変速比 後退 2. インテリアに、撥水加工フルファブリックシート(ブラウン)やセンタークラスター(プレミアムシャインブラック)を装備。 しかし今回はギヤを併用したユニークなCVT「D-CVT(デュアルモードCVT)」のおかげで、通常走行ではNAでもパワーを振り絞って……といった状態を感じることなく、ストレスなく走らせられる。 2003年発売、圧倒的な室内の広さや視界の良さを特徴とし、2013年のフルモデルチェンジで3代目となる「タント(TANTO)」。 スマートキー• 当社の事業内容は 岡野自動車商会 で検索!• ミュージックプレイヤー接続可• 参考記事: タントとタントカスタムの違いは?どっちを買うべき? まずはタントとタントカスタムの違いについて簡単に説明します。

>

タントカスタムXセレクション(2019年12月発売)のカタログ・性能スペック情報【ダイハツ公式】U

【総評】 納車してからは評判通り、良かったです。 660ccターボエンジン ・JC08モード値 FF:25. 2003年に誕生した初代タントが切り開いたジャンルだが、現在は「ホンダN-BOX」にすっかりお株を奪われてしまった。 ABS• インテリアでは、センターメーターによるフラットなインパネ上面で広さ感を表現。 軽スーパーハイトワゴンの特徴である、広々とした後席。 - 実際の走行時には、路面の状態に応じたタイヤの選択や安全に配慮した運転にご留意ください。 さらに、パワースライドドア装着車に予約ロック機能を追加し、「D assist切替ステアリングスイッチ」を全車標準装備。 ACCやロングスライドなどのわかりやすいアピールポイントだけでなく、時代の流れに沿ったきめ細やかな配慮がなされている。

>

【公式】タント トップページ|ダイハツ

さらに衝突回避支援システム「スマートアシスト」や、ドライビングポジションをサポートするチルトステアリング、運転席シートリフター等を装備。 DVD再生 AV機器• 助手席側のピラーをドアに内蔵することによって大開口を実現し、乗降性を飛躍的に高めた。 カスタムは、大型グリル、LEDヘッドランプ、大型ルーフエンドスポイラーやLEDリヤコンビランプで、先進感と存在感を演出。 2013年のフルモデルチェンジまでの2代目では助手席側の後部ドアが軽自動車としては初めてスライドドアとなった。 2019年12月23日には、新グレードのセレクションシリーズも加わり、選ぶべきグレードが変化した可能性もある。

>

ダイハツ、軽乗用車「タント」に新グレード「セレクション」シリーズ設定

「レーンキープコントロール」や「車線逸脱抑制制御機能」も採用することで、運転をアシスト。 この影響で現行タントは、先代タントが標準装着していた運転席の上下調節機能とチルトステアリングを前述のセットオプションに変更した。 特別仕様車には、ホワイトを基調とした2トーンカラーの「X ホワイトアクセント SA III」、「X リミテッドSA III」、「カスタムX トップエディションリミテッドSA III」を設定。 スペーシアはギアはサイドエアバックがなしでカスタムを検討しましたがクロスビーのリコールなどでボツにしてタントにしました。 ギヤを組み込むことで、より伝達効率の良い「ベルト+ギヤ駆動」が可能となる世界初の「パワースプリット技術」を採用• リフトアップ• ボディカラーは新色の「ファイアークォーツレッドメタリック」「ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック」を追加。

>

ダイハツ新型タントついに王座奪還!! 賢い買い方はこれだ!!!

キープコンセプトであるのは間違いないが、先代と比べるとゴテゴテ感が薄くなっていることがわかる。 フルエアロ• 耐久性も高そうだ! ただし、NAはダメ。 セレクションシリーズは、今後タントをたくさん売る意気込みの表現でもあるわけだ。 「パノラマモニター」を利用したシステムで、ステアリング操作を自動で行ってくれる。 見た目が引き締まりスポーティーな雰囲気を演出しています。 また、タントカスタムには「カスタムX」、トップエディション専用14インチアルミホイールを装備した「カスタムX トップエディションSA III」、ターボ搭載の「カスタムRS」、「カスタムRS トップエディションSA III」を設定。 4m 駆動系 駆動方式 FF トランスミッション CVT(無段変速車) LSD - 変速比 第1速 - 変速比 第2速 - 変速比 第3速 - 変速比 後退 5. 誤操作への対策も練られていて、クルマが動く状態では使用できないよう、シフトをPレンジに入れないとロックされてしまう仕組みとなっている。

>