混沌 アハーン。 ハン/汗・ハーン/大ハーン

フェル・アルム刻記 第二部 第五章 “混沌”の襲来

特に西方では、これが引き金となって各地で経済恐慌が起きたとされている。 その理由は、彼らが封都に存在する遺産の鍵となっているためである。 むしろ、昨今は水源組合が操兵鍛冶を多数雇い入れ、鍛冶組合に近い組織を内部に抱えている例もある。 B3 洞窟コース (Re:地形ランダム) 原生生物 ミウリンx2・ビックリ菊x5 トラップ 壁x4・落石 お宝 じゃがいも 15:発掘 ・ピーマン 12 その他 タマゴ 置 x0~4 落石に注意しつつ紫だけでガンガンすすむ。 それなのに黒い染みのようなものが見えているのはなぜだろう? しかもそれは静止しているわけではなく、やや動いているように見受けられる。 この世界は消え去ってはならぬのだ」 デルネアは遠く、北の空を見やった。 一方、街道の北に広がるリンガ・ナ西平原は、遊牧と狩猟で暮らす人々がほとんどで、民族や国家といった横のつながりをほとんど持たなかった。

>

操兵名鑑・シリーズ3 ザクレイ

ただし、グラバン集落への唯一とも言える水の補給が可能な中継地であるため、集落は廃れることなく維持され続けている。 多くは真の意味での遺跡に過ぎないが、現在も稼働する古代の機械の類を残すものわずかに残されている。 この地域を迂回して、東西交易を行うことは不可能だった(北は山脈に囲まれた砂漠、南には南方大陸と呼ばれる大地が存在しているため。 コラム:封都 ゴナ砂漠には、〈封都〉と呼ばれる孤立した都市がいくつか点在している。 はっきりしているのは、それが今の現状だということ。

>

ハンス・ハーン (軍人)

3.中原の歴史 (編集中) 中原はその広大な領域に比べ、暮らす人間の数が非常に少ない。 また、彼らは封都の遺物によく似た道具や機械を使うとも言われ、彼らの領域を侵した、操兵を主力とするイリキア軍と交戦、これを撃退したという記録が残されている。 フ=イルム、あるいはフェル=ムの名で知られる砂漠の民が中心になって、砂漠の南部、現在のヤカ・シュバリ・インドリ地方の北部に建国されたものである。 この地域は、かつて多くの国家が栄えた地であるが、現在はほぼ無人の荒野となっている。 チ・ジャミの名は、実際には彼ら自身が名乗っているわけではない。 ただの水だが、これが切れると操兵はてきめんに動けなくなる。 いつにない集中力の高まりを感じた。

>

操兵名鑑・シリーズ3 ザクレイ

高原の切り立った場所に膝を抱えて座り込むのはルードとケルン。 「全ては〈要〉様の掌中に収まるべきなのです」 絶対者としての思惑を胸に秘め、デルネアは烈火とともに北へ向かうのだった。 ゆえに、当初は深紅の戦士達を不安と奇異の目で見ていたアヴィザノ市民達は、聖獣の旗を目にして考えを一変させた。 黒よりもさらに暗い色が三人を覆う。 ……けど、なんだかひどく嫌な感じがするぜ……」 ルードの予感は的中した。

>

中原地誌

ハムル・ラバル貨はこの時期に大量に鋳造され、大街道で最も流通し、信用のある貨幣となっている。 さらに、ここに街道の通行権を一方的に主張する西の平原の国家ダースク・サラサンが介入したため、ヤカ・カグラとその周辺地域は一気に大混乱に陥った。 ナゼアの騎馬民たちは半定住の暮らしを送っており、キリメ・キアは千年近い歴史を誇る古都である。 サラムレから移住してきた人々の中にバルメス家があり、以来バルメス家は、この地に居を構えている名家として知られている。 来る者は拒まず、暖かく迎え入れる。 [こんなになるまで走ったってのか? 大丈夫かハーン] ナスタデンはハーンを抱え起こして言った。 急速な人口増加のために逼迫した水資源の確保のため、街道上の宿場町間で長期間にわたる紛争が続いたというもので、10年以上にわたる軍事衝突と、宿場町間の交流の断絶によって、大街道周辺の経済活動が著しく低下したと言われる。

>

中原地誌

巨石はほどなくいくつかに割れ、それらのうちでも有力なものは竜や巨人に姿を変え、いずこかへ立ち去っていった。 聖獣の旗を手にすることが出来るのは、王家を中心とした中枢と、勅命を受けた騎士達に限られている。 途中で4体に分かれて剣攻撃をしてきますが端に寄れば当たりません。 すぐ隣にヤカ・カグラのフリーヤがあるが、この両都市はもともと同時期に開かれた集落が分かれたものである。 「ほら、見えるか? そこ……もうちょっと右だ。

>

操兵名鑑・シリーズ1 マルツ・ラゴーシュ

名前はなかった。 B9 タイルコース:水辺あり (Re:地形固定) 原生生物 サクレウラメx2・トテツチホカシx1 トラップ ガス管x5・中央に水 プール お宝 ネコのおもちゃ 15 ・哺乳瓶の乳首 15 狭いコースなのでまず安全の確保。 はじめてハーンがクロンを訪れた時も、初老の町長は親身になって接してくれたのだ。 町の通りには魔物達の黒い屍が至るところ転がっていた。 近年(1944年〜)になり、西部3国間の緊張が高まりつつある。 民族的な軋轢はあったものの、フラバル時代からそうした問題の解決策を学んでいたこともあって、ハムル・ラバル帝国は巧みに近代化への道を進んでいったといわれる。 刃の分厚い、鉈のような刃先が食い込んでいる。

>